FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

見越しの松
「粋な黒塀」とは言いませんが、白い塀越しのご寺院様の「見越しの松」。有力檀家が多いのか、なかなか豪壮な門構えの寺で、しかも山門は交差点に位置します。

DSC_5538.jpg

信号待ちで、よく停止するところ。暮れにも「松の雪吊り」の写真を撮らせていただきましたが、夕方ほぼ同じ時間の帰路の信号待ち。冬至から一月、日の入りも多少遅くなりました。
寒さ厳しく、コロナ感染も高止まり。春はまだ先か、しかし、「大寒」も過ぎ次は「立春」です。
大寒
例年より寒さの厳しい冬の「大寒」の日。これも例年なら、ビル風の吹く中電車を乗り継ぎ打合せ、プレゼンの日々でしたが。
「タクシーに乗りにくなった」「あの沿線に陽性の人が出た」と、中国で発生した新型肺炎を、話の「ネタ」にしだしたのが昨年の2月あたり。1年経たないうちに世界中に蔓延して、再度の緊急事態まさかの医療逼迫。
都市部への移動は原則行わずリモート活用、Zoom対応もすっかり慣れました。逆に比較的制約、リスクの少ない地域での調査やヒアリングに時間を割く日々。

DSC_5533_01.jpg

大寒の日に通りがかった古民家と庭の柿。屋根に残る雪と氷柱と取り残して朽ちて落果を待つ柿、「水墨画」を見るような風景を見ることが出来ました。
築地の電通ビルも売却とか。新型コロナは都心でもとんでもないビル風を吹かせているようです。
満載
1月も下旬に差し掛かると「果樹せん定」も本格化。寒さの中「重装備」の作業が続きます。

DSC_5524_01.jpg

昨年知り合ったIT議場から夫婦で転職したとの果樹農家、旦那さんの実家に戻ったとの転職ですが、奥様の方の防寒対策はスノボウエア。このままゲレンデでも違和感がなく、茶髪+ブローチにピアスでした。今年も元気で「せん定中」のこととおもいます。

DSC_5527_01.jpg

切り落とした枝を「満載」のダンプ、焼却が一般的ですが燃やす場所と量を間違えると消防署から注意が入ります。

凍結
寒波で凍結の湖沼。ただしここは標高が低いせいか、ワカサギ釣りや天然のリンクとは行きませんが。

DSC_5521.jpg


ほとりの四阿に向かうような氷と氷の隙間。信州諏訪湖の御神渡も出現の可能性があるとの寒い冬。
それほどのことがなくとも、凍てつく湖面をみると神々しい気分になります。
春を待つ
冷え込むも風の無い週末、無人販売の小屋の前。「新鮮野菜」とノボリにありますが、この一帯は果樹地帯「棚」に並ぶのは林檎のようです。厳寒にあるを待つようで長閑。

DSC_5523_01.jpg


かつて、経済を分かり易く解説してべストセラーになった「食い逃がされてもバイトは雇うな」と言うものがありました。決して大儲けは出来ないものの、このような販売手段も条件によっては「有り」か。
姉妹シリーズに「さおだけ屋がつぶれない・・・」と言うのもありました。そのシリーズは読んでブックオフへ、内容だけでももう1度ネットで調べてみましょうか。