FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

夜桜
今年の桜は「受難」続き。咲き始めに雪、咲き出したら冷たい雨に満開近くでまた雪。桜に雪の風景はそれなりに「見せ場」でありましたが、朝の積雪は午後には沫のように消える「春の淡雪」。翌朝の新聞写真で見るのが関の山、桜を見に行く時間帯でもありません。

DSC_1241.jpg

反面、冷気のせいで「持ちが良い」のが今年の桜。週の半ばが満開で、週末には散る桜かと思えば週末にほほ満開。少し標高の高いところだとこれからが見ごろ。
工場の通りに面した、恒例の桜のライトアップも「形になって」きました。

DSC_1230.jpg

何か研究機関のような建物。実は近隣自治体の市役所庁舎。「側は近未来的でも中身は旧態依然」かどうかはわかりませんが、取りあえず花に誘われ写した写真です。

WTO裁定
韓国が行っている原発事故の隣県8県産の輸入規制を巡って、裁判の高裁にあたるの「WTOの上級員会」は韓国の禁輸は「貿易制限」には当たらないとの裁定を出しました。
韓国との貿易問題となると「通商」に「政治」が絡む傾向があるので、「禁輸」をしている意図が「政治的駆け引き」とも見て取れますが、韓国側の主張を国際機関が認めたと言うことは「禁輸妥当」が正当化されたと言えなくもありません。

実際の検査で、放射性物質の検出が殆んど無いといっても、「不当な差別には当たらない」のは消費者が買わないのは当然との見解か。「科学的根拠」より「事故イメージ」が勝ってしまったと地元関係者は落胆しています。

禁輸のそのものの損失よりも、やはり国際機関もと言う「風評の増大」が悩ましいとも言えます。「核」のイメージはそれほど悪いと言うことかも知れません。被爆国、最大級の原発事故を引き起こした国としては良くも悪くも「胆」に銘じることかも知れません。

DSC_1236.jpg

東電や国が「過去のこと」としたいような農産物の風評被害も、原発事故から9回目の桃の生産に向けて、桃の花が咲きだしました、

桃花に雪
先週の雪は、「桜の開花を遅らせる」季節外れの雪でしたが、その後小中高の新学期も始まり、桜もソメイヨシノはほぼ満開。そこでの雪、メディアでは咲き誇る桜に積もる雪が「絶景」+「珍事」で報道されました。確かに不思議な美しさ。

DSC_1228.jpg

先週の雪同様、朝の積雪は午後には融けて舗装道路も乾燥状態まで戻りましたが、咲き始めた桃園の桃花背後に雪。「令和」の出展の和歌に詠まれた春の兆しの「梅花」の頃ならともかく、むしろ晩春のイメージの桃の花に雪もかなり珍しい光景。
ここは、異常気象に負けない「桃花」を愛でることにしましょう。
花散らし
午後から降り出した雨は「花散らし」の雨かと思っていると夜には雪に変わりました。稀にはある「桜に雪」、なにか異常気象の予兆でなければいいのですが。

DSC_1217.jpg

異常気象、去年の夏の暑さも酷かったと春の雪を見ながら考えていた夜に、「桜」絡みのニュースが。桜田五輪担当相が辞任とのこと。こちらにも散る桜、前の副大臣の辞任劇からすると、失言の直後でその意味「散り際の潔さ」はあるものの、今回の失言以前に問題行動を「揶揄」され続けた経緯もあって、案外ホッとしたのは任命権者の方かもしれません。
盛岡出身のの、以前から親しくさせていただいている女性代議士のパーティの失言で、彼女(代議士)の方も思わぬ形で名前が売れることになりました。こんなことで売れても仕方がないのですが。

DSC_1218.jpg

そいえば、盛岡の「石割桜」は何時だと思わぬ方に発想が行きました。雪に翻弄される今年の桜前線です。
桃も
雪に遭い、遅れていた桜が咲き揃ったと見ていれば、続いて桃の開花の兆し。

DSC_1214.jpg

これから月末に掛けて、桃も満開続いてリンゴや梨の白い花となるのですが、これから冷たい雨か場合によっては雪の予報。なかなかやって来ないのが「春の常」ですが、雲一つない晴天で早朝に「遅霜」が降りたりするよりは遥かにましか。
花散らしの雨にならなければいいが、とは今週末に花見を控える人たちの願望です。もっとも、蕾でも葉桜でも団子と花見酒でそこしこ盛り上がるのですが。