プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

意外と静か
朝から仙台、打合せてトンボ返り。
福島から新幹線で30分弱、地下鉄「東西線」が開通して駅起点のアクセスも整ってきましたが東京と違い、「まだ、車が便利」の印象は拭えません。もっとも、行き先にもよるのですが。


DSC_8902.jpg

怪我にも負けずに「金メダル」の羽生結弦の出身地、日本中が沸いた金メダルで仙台も大盛り上がりかと思えば意外と静か。駅前のビルには垂れ幕くらいあるのかと思うえばそうでもなく。

そそくさと地下鉄に乗り込んだので見落としたのかもしれませんが。

DSC_8903.jpg

雪は消えていてビル風の街。春には各通りの欅が一斉に芽吹きます。駅横の高層ビルの上階からは線路越しに「楽天イーグルス」の本拠地が見えます。また名前が変わるとか、Kスタ・コボス以降はもう覚えていません。命名権もコロコロ変わるのは良し悪しか。北海道旭川には「スタルヒン球場」があるのだそうですが羽生結弦の高校の先輩の名前を被せて「ダルビッシュ球場」とでもした方が覚えやすくはなります。企業広告にはなりませんが。
Whiteout
雪山に沈む夕日が潤んでいて、「春も近いか」と思ったとたんのをワイトアウト。ホワイトアウトの厳密な意味は雲や雪で視界が真っ白になり「位置」「方向」が分からなくなることだそうですが、平地では雲の影響はないものの降る雪と地吹雪で、自動車で走っている先が見えなくなります。路肩で止まると追突が怖い、道路から落ちる車を見るのもこの現象の後。

DSC_8892.jpg

不要・不急の外出は控えるようにと天気予報では伝えていますが、半月前からのアポとなれば多少の無理はしなければなりません。
夜半には風がおさまり地吹雪はなくなりました、翌朝は銀世界と青空です。
帰り支度
鳥インフルエンザの影響か、野生動物の保護の「在り方」が変わったのか、河畔や湖沼に遭った「餌まき場」がなくなり、白鳥も分散して羽を休めるようになりました。野鳥愛好者は「出没スポット」を心得ているのでしょうが、門外漢は突然現れる白鳥の群れに驚いたり喜んだり。

DSC_8880.jpg

高速にインターにナビを頼りに近道をしていると冬の水田に白鳥の群れ。それ程の大集団ではありませんが、まだ真っ白にならない子供の白鳥も含まれています。
ここで越冬かと何枚か写真を撮って先を急ぎます。

DSC_8887.jpg

用件の帰り道、雪を頂いた吾妻連山の上の太陽。午後5時を過ぎても、また明るさを保って「日も長くなったと」眺めると、曇って輪郭がぼやける様子は何となく春の気配。
日中見た白鳥も、あそこが越冬地ではなく帰り支度か。白鳥の生態は全く詳しくはありませんが、まだ灰色の羽の子白鳥も、シベリアに帰る翼を鍛えている最中だったのかもしれません。
暦の上の小節季「立春」はすぎ「雨水」までの中間、先日の雪も大方消えました。
旅を見守りる
福島駅東口の信号で停止待ちをしていると、駅方向に見える俳人芭蕉の像、付き添う門人と二人連れです。駅の方を向いているので道路側から見るの、いつも後姿。雪の積もる二人連れなどを撮っていましたが、今回は冬の陽ざしを受けた俳聖と門人。

DSC_8870.jpg

交差点の直前の停止だったため、いつもと少々角度が違います。機会があれば正面から表情を撮ろうと思います。さらに、ここから駅ビル近くには、この街出身の作曲家「古関裕而」のピアノに向かう像があり、西口には先日紹介した意味不明のモニュメントも。多くののなものが数ありながら、あまり目立たないのはやはり県民性か。以前一度行った広島県福山市、福山の駅前にはこの地出身の彫刻家「平櫛田中」の創造物がかなり目立って建っていました。

DSC_8881.jpg


郡山から急ぎ高速で戻る途中、トイレに寄ったサービスエリア。ここにはウルトラマン。特撮監督の「円谷英二」出身の須賀川市側ではなく本宮市側の駐車場です。近くに寄ったわけではないので、なぜここにあるのか意味が分からず「Youは何しに~」というのも立てた方に失礼か。

いろいろなものが東北の旅を見守っていました。


メダルラッシュ
惜しくも金には届かないものの、銀と銅のメダルが4個取れた14日。冬季五輪の日本スキー・スケート。カーリングも男女とも白星発信、NHKは地上波、BSともオリンピック中継で、民放でも放送。
今年はバレンタインよりも話題はオリンピックのようで、見る側にとっては日本選手の活躍で「政治色」が薄まって来たのは好印象です。「悪天候」と「応援団」しか印象に残らないのでは、と一時は心配していました。

DSC_8723.jpg

中継が大方終わったころに地元局の県政広報番組。ローカルニュースや天気予報の時間帯ですが、県などの取組を伝える放送です。
今回は双葉町で先月開催された「先端農業技術体験フェア」の放送でした。そういえば出展してテレビ局も来ていたなと思って見ていると、「見える化しシステム」が紹介されていました。

DSC_8729.jpg

別のテレビ局が、かなり気合の入った取材をしていたのですが、「明日の夕方ニュースで」の予定が突然の大雪で放送中止。そして忘れていた頃の別番組でした。
震災・原発被害に遭った福島県の太平洋岸に定住や産業化を促す「イノベーション・コースト」に一環。農業振興も方針の中核ですが、原発事故の後遺症が大きく残る部分です。

DSC_8727.jpg

技術を紹介しても「産業として定着」は、まだまだ年月が必要です。テレビ紹介された本人が言うのも何ですが。