プロフィール

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

農家の怒り
全国的な寒波と大雪ですが、福島は寒さも雪も平年並みに戻ったと言うところ。1昨年2月の大雪以外「暖冬」だ続いていたので、冬らしい冬に戻った、と逆に胸をなでおろすところです。

DSC_5001.jpg

果樹の剪定作業も、雪や風が収まった夕方近くに落とした枝の整理が始まりました。野菜と違い果実は年に一度収穫の一「発勝負度」、その一度のために年間の作業があります。
技術に自信のある農家ほど、JAなどの共同選果・共同販売を頼らず、自ら顧客を見つける販売方法を取ったり、ブランド農産物で個別の流通戦略をとりました。
で、降って湧いたと言うか、突然空から降ってきた放射性物質。原発立地県と言っても福島北部の果樹地帯は、交付金でも税収でも雇用でも他の経済効果でも、原発の恩恵はほとんど有りません。
恩恵がないうえに(恩恵に浴していたからあきらめろと言う訳ではありませんが)、風評被害だけはまともに来て、独自の差別化戦略を取ってきた「先進性」を発揮していたところほど「被害」が大きいと言う悲惨な事になりました。

東電は賠償は受けつけますが、「請求様式はJAのものを使ってください」などとのこと、JAと異なる戦略を取りながらJAのものを使えとは何事と農家の怒りは収まりません。
剪定の小枝の焼却作業、つまり「たき火」で休憩を取りながら、昭和の時代でもあるまいし農協=農家の図式を持ち出す反面、政府は新しい時代なのだから輸出等、新しい時代の農業に対応しろと言う話。
東電=政府ではないにしろ、約束を守らない東電を野放しにする行政機関も許せないようです。福島県議会は東電に抗議する議決を出しました。しかし東電はどこ吹く風で、電力自由化の参入組に対抗する「値下げプランを発表」。これがまた、被害者の怒りを買っています「そんな財源があるなら」ということですが、日経ビジネス誌によると「プランをよく見ると値下げにはなっていない」と切って捨てています。
実状に糊塗し続けることが、文字通り「恥の上塗り」になっているようにも見えます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://emorga.blog98.fc2.com/tb.php/1055-f70e2ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)