FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

コスモス
秋の彼岸の入り、道端のコスモス。紆余曲折のあった夏を経て、ようやく秋の気候。

DSC_5078.jpg

「コスモス街道」とまでは言いませんが、背景は稲穂。これぞ日本の秋。
秋たけなわの日本で「わが世の春」はタテ割り是正とデジタル推進で期待を集める菅新政権と読売巨人軍か。巨人の方はこのところ連夜でほころび。菅政権の方は、知人がこのたび副大臣に。久しく会っていませんでしたが、ますます疎遠になりそうです。
スポンサーサイト



残念
9月中旬、本来「旬」であるはずの巨峰・シャインマスカット。ここの葡萄園主さんへのヒアリングによると今年は苦戦。

DSC_5076_01.jpg

7月の長雨、8月~9月のの猛暑の影響で家では「不作」とこのと。奥さんは袋を外して「房」を見るのが怖いとのこと。もっとも、「他の葡萄屋さんの事情は分かりませんが」とも付け加えていました。

園主のお話では、長雨で弱っていたところの高温、葡萄にとって今年はあまりにも条件が悪かったとのこと。そういえば、イタリアでもフランスでもカリフォルニアでも、丘陵が丸ごとのような葡萄畑も「雨に曇る」と言う印象はあまりありません。もっともあちらはワイン用、日本と事情が異なるかも知りませんが。
次はリンゴと園主のつぶやき。多品目を組み合わせているのも、日本の果樹農家の特徴です。
平年並み
週末には彼岸の入り、日の入りも早くなりました。その夕暮れ近くの水田、収穫量を予想する「作況指数」によると、「平年並み」これもよく分からない用語ですが、平たく言えば「可もなく不可もなく」か。
長雨と猛暑、異常気象の夏を過ごしたことを考えると、平年並みも健闘の部類でしょうか。

DSC_5072_01.jpg

DSC_5071_01.jpg

この水田をご案内いただいた、当地の方のお話では「今度の4連休から稲刈りが本格的に始まります」とのことでした。
異常気象で「倒伏する稲が多い」とも言われてましたが、気象と倒伏の因果関係は聞きそびれました。黄金色の水田が刈取り後に変わって行くたび、子お秋も深まります。


出番待ち
コロナだ、暑い、首相辞任と慌ただしい世相でも、時間は進み9月も折り返し。

DSC_5069.jpg

最近「データ農業」に関する本を読みました。思わぬところで知り合いも登場し、全編興味深く拝読した次第。
少々気になったのは、自動運転の超大型トラクターの話題。テクノロジー的には素晴らしくても「使用する広大な農地日本にはあるの」という疑問は、この手の話題にはつきまといます。いわゆる「ニーズはあるか」と言うはなし。
この手の「開発」にはつきまとう疑問や課題らしく、肯定的に捉えていた「書き手」の方も活用事例に触れ、「北海道で活用されます」しかし、北海道はむしろ国内農業のモデルになり得ない条件下にあり、さらなる事例で滋賀かどこかで、大型トラクターを導入可能なような超大型水田を作っている事例。
ここまで読んで少々疑問。水田稲作はトラクタ―だけで成り立つわけではなく、(直播なら別ですが)田植え機やコンバインは如何すると言うこと。水田にトラックが入れば別ですがそれらの作業は逆に効率が悪くなるのでは、それともそれらも超大型機種を開発するのか。
水田の大型化は、自動運転大型トラクターを導入するために進めるようにも取れるのは読み手の読解力の問題か。

間もなく本格的な「稲刈」が始まります。農機具の整備工場にも、「出番」を待つコンバインも並んでいます。1条刈りのバインダなど見当たらず(山間部や湿地田などに根強い需要はあるのでしょうが)、農機具の大型化も進んできました。
だらなる自動化、大型化、効率化は必要ですが、かなりのコストも発生するため「落としどころ」の経営感覚が更に求められます。


DSC_5065.jpg

グーグルのネット広告全盛の時代、月見の時期にあわせた手書き「アナログ」看板も時に目立つと、少し笑ってき見ています。

白菜
渋滞の幹線国道、大きな「鎌」を持って通り過ぎる自転車。

DSC_5060.jpg

家庭菜園、いやプロの名農家さんでしょうか。後部の荷台に積んだ鎌が鈍く光り、渋滞の中でもひときわ目立ちます。

車線合流地点も過ぎても渋滞は続き、先を見ればどうも道路工事の様相。普段はこれほどの渋滞はない場所だけに諦めて脇道へ。むろん普段は通らない側道、先に進めば白菜と大根の畑。鎌を持った自転車おじさんを追い抜いた地点からは、ずいぶん進んでいるので、まさか鎌おじさんの管理地ではないでしょうが、今どきの初秋にしては見事な白菜。あと1月半位をかけて結球して行きます。
霜の時期、晩秋初冬に食べころか。

DSC_5062.jpg

こちらは周囲にモミを蒔いた大根。雑草も見えますが、白菜ともども丁寧な管理のようなのでその内に綺麗に削られるでしょう。

DSC_5063.jpg

渋滞を避けでの迂回も、国道に合流するために慣れない道をさらに進むと「池」があり、鯉も放されているよう。それにしても今年のカープ惨状が気になります。広島出身の方、総裁選は2位でしたが。
秋の雲
DSC_0004_20200914072049d3e.jpg

雨のせいもあり、ここ2~3日暑さからは解放されました。改めて見上げるとそこには「秋の空」、さすがにもう9月中旬。この後当分「秋雨前線」の雨と秋らしい青空を交互にいることになるのか。

大人気ドラマ「半沢直樹」は、もう社会現象か。週刊誌はともかく日経日曜版でも特集を組んでいました。ドラマで敵対する相手が、社内上司から現職大臣そして与党幹事長へ。最後に敵対の「悪役」をひれ伏させる予定調和の展開を現代の水戸黄門と評したメディアもありましたが、現在には「印籠」が存在せず、一般人の闘いであるところがまた「ミソ」か。

リアルの世界でもまもなく新総理が決まり、そして組閣。新総理の前に党総裁就任ですから、組閣の前に幹事長をはじめとする役員人事。ドラマとリアルがオーバーラップしそうです、それにしても幹事長役「柄本明」の名演技。



秋点描
さしもの猛暑も秋雨前線で一服。いや、暑くない夏も困りますので次の暑さは来年まで持ち越しと言うことでお願いしたいと思います。

DSC_5050.jpg

梨も早生種の最後の品種(妙な言い方になります)「豊水」もそろそろ終わり、この後は中生種の新高などに移ります。

DSC_5044_01.jpg

「さぞや暑いだろう」と、遠目に見ていた工事現場も気候なら少しは楽か。暑さも困りますが雨も困ります。

DSC_5049.jpg

コロナ禍の大変な年が新入学に当たってしまった1年生。少しは慣れたか、とにかく元気に。

DSC_5045.jpg

通学路を彩る花も変わってきます。学校再開の頃は紫陽花、それから朝顔・・・。金木犀の香りは、まだ少し先のようですが。


雷鳴
蒸し暑さの日々、夕方雷鳴があり突然の雨。「夕立」と言ってしまえばそれまでですが時すでに9月中旬。そういえば、まだ今年は秋の鰯雲は見上げていないような気がします。単に空を見上げる機会がないだけか。
気候が一月移動したような、8月の気象が続いています。この気象変動の対策には「ワクチン」とは行かず、その点新型コロナより深刻な問題かもしれません。

DSC_5025.jpg

東日本大震災から丁度9年半。この所毎夕のようにある雷も含めて、地震・雷・火事・親父。頑固おやじは「絶滅危惧種」ながらその他のリスクはより以上。地震により原発事故が起きて、白煙のたつ事故現場をテレビで見るしかなかった日々から9年半、月日の経つのは早いのか遅いのか。
消防車の「撤収」を見ながら、ほど遠い「汚染水処理の国民的議論」などに思いを巡らせました。

宇宙人的視点
以前出席した政府系の会合、たしか大手町のホールでした。たまたま別のパネルを覗くと、有名俳優が「宇宙人的視点」との発言。「国とか国境等の概念を捨てよ」との意味で、「地域の特性を出そう」の実践を持ち寄った他の出席者からはちょっと浮いていて「大丈夫かこの人」」と思いました。
彼の有名俳優が大麻で逮捕のニュース。現段階は容疑者、「裁判」や、そもそも「刑の確定」の遥か以前の段階で、マスコミ報道で知るのみ、何も言うことはありませんが。

DSC_5029.jpg


大型稲作農家では、今年も稲刈りが始まりました。個人経営の稲作農家も刈取りの準備。大気圏の外から地球を俯瞰するのも大切ですが、パズルを組み合わせつように国や地域で成り立つのも地球。
有名人の目立つ発言に頼ると、集客はともかく本質から離れていくような気がします。
では[本質]とはなにか、これも難しいところですが。
鶏頭
さすがの暑さももう少し、来週からは涼しくなるとの予報。来週からは一気に秋めくか、その翌週は「秋彼岸」。

8月を引きずるような猛暑の中、鶏頭の花。さすがに、金木犀はまだ早いようですが。


DSC_5027.jpg

「鶏頭の一四五本もありぬべし」は子規の句。
花の後にこぼれる種で、いつの間にか花が増えています。例えば切り花にして秋の彼岸の墓地に供えたた鶏頭の花から、翌年小さな花を咲かせたと言うこともありました。

植えたわけでもないのに、思いがけずに鶏頭の花がぞっくり花を咲かせた。との意味で、初秋の鶏頭の花を詠んだ句だなと「素人」は気楽に解すのですが、専門家から見るとこの句の「評価」「解釈」は分かれる、論争もされるのだそうですが、とても「素人」が理解できる論争ではありません。

病気を受けての「退陣」の首相。マスクや動画で評価を下げての退陣のはずが、辞意の後に支持が戻るとの現象で、こうなると「路線継承」を掲げる候補が俄然優位に。こちらも気象予報以上に先が見通せません。
こちらも今回は、素人抜きの投票で決めるとのこと。

秋の風
台風一過の生暖かい風も秋の風。だんだん爽やかな冷風に変わるは筈ですが、フェーン現象もあって盛夏時以上の高温も未だ続きます。

DSC_5036.jpg

台風の吹き返しの風に揺れる街路樹も、気がつけば新緑からやや色着き始めました。なんらからと言いながらもう9月も2週目。

DSC_5030_01.jpg

大型台風襲来に霞んでしまいがちの「総裁選」、もっと霞むと言うより、なかなか話題にならないも野党新党の代表選。話題にもならずひっそり咲いて、道行く人を和ませる花壇の花も、また「生き方」か。



台風禍
台風情報がメディを席巻した週末。総裁選は、どこかに追いやられた感。

DSC_5020.jpg

梅雨の豪雨に8月の猛暑そして台風と、この国の気象はどうなったのか。異常気象は、我が国に限ったことではないかもしれませんが。
果樹や稲作など、露地での栽培は防風対策と言っても対応が限定されます。果樹はせいぜい支柱や落果前に収穫する程度。とは言え11月下旬の収穫品種を9月上旬に取るわけにも行かず。
統計データからのリスクマネージメント、収穫時期に合わせたリスク分散は必要でしょうが、マーケティングや栽培技術の習得が不可欠。栽培技術は勘と経験の技術論から、やはりデータ管理と集積の技術の体系化へ。もちろんコスト管理も重要です。

ミニトマトがんばる
駐車場からのフェンス越し。通りがかりい、いつも覗かせていただく菜園。覗くと言っても他意はありません。
近くに置いてある「生ごみ処理容器」、有機リサイクルの成果を拝見しています。

DSC_5018.jpg

きゅうりは、もう収穫を終えたようですが「ミニトマトはまだまだ「現役」で暑さに負けず、赤い実を付けています。

DSC_5023.jpg

もともと、「機内食向け」に開発されたといわれる「ミニトマト」。一般的にこれほど普及したのは「料理が楽だから」と言うのは、青果市場関係者の弁、真偽のほどは分かりません。ただ、洗ってヘタを取り皿に盛ればそれなりの1品位はなります、弁当の色付けにも。
と言っていると。某ホテルの総料理長「いや、料理の食材としても奥が深い」と、創作のメニューを見せてくれました。
コロナ禍でも、日々の生活や業務に中断はありません。
赤くなる
9月になり、ずいぶん肥大した「りんご」。しかし、「青りんご」ではなく秋の深まりとともに「赤く」色着きます。

DSC_4998_01.jpg


それにしても九州Iに接近中の「台風」が気掛かり。来る前から、「非常に強い」「猛烈な」の予想は昨年の19号を思わせます。昨年の19号も15号の被害に追い打ちをかける結果になりました。7月以前の豪雨の復旧は進んでいるでしょうか、堤防が決壊したままでは被害がさらに増大します。

総裁選びは「無風」の様相、早くも組閣予想も出ていました、いくらなんでも早すぎる?。株価もコロナの急落前まで戻しました、実体経済との乖離が気になります。NYは反落、調整でしょうか。


暗闇に
別に「夜行列車」ではありません。同じ時間でも、夏至の頃は太陽に下を走っていた通勤電車も、いまは闇の中。まさに季節は移ろう、ひと月前はこの時期には総理が代わろうとは、誰しも思っていませデした。

DSC_5003.jpg

あと20日もすれば秋分、ますます日の入りが早くなります。その頃は新総理が誕生の予定、「闇が深くなる」ことがないように願うばかりです。
親子
まだまだまた続くと言われていた猛暑も、ここに来て「一服」。雨の影響か。近づく台風も二つ、昨年の台風災害も頭をよぎります。

DSC_5000.jpg

道行く「母娘」も秋の装い。さて、9月です。
総裁選挙も思ったほど「熱く」はならない模様ですが。

名残りの雨
長年親しまれてきた、駅前の商業施設が閉店。シャッター通りの「影」はターミナル駅前にもか。

DSC_4988.jpg

雨の中、別れを惜しむ人の波。「こんなことならば、普段から利用すればよかったのに」と、思わないこともないのですが。
跡地には「コンベンションを含む施設」とか聞きますが、それにしてもキー店舗は必要。どうなりますか。

DSC_4982_01.jpg

郊外、ディスカウントそして無店舗型のネット販売へ。止めようのない流れの行き着く先は?
惜別とともに、流れに沿うイノベーションも必要です。