FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

近未来
未来が一足早く見える先端技術の展示会。

DSC_8402_20191020075306974.jpg

今年も急きょ参加することになった、CEATEC(幕張メッセ)もおかげさまで盛況。インフォメーションも限定的でしたが、立地自治体の職員の手も借りてのシステム概要説明。
出展者の展示物を見まわしても、単純な効率化や省力化よりもバーチャルリアリティや先々の予測などを散りばめて新たな世界を見せる感覚重視型のブースが目立ちます。まさに、未来の足音。

DSC_2677.jpg

ところが、今台風19号の被災現場に目をを向けると相変らずの人海戦術の土砂搬出。なかなか人間の知恵や科学も気象災害には勝てないようです。確かに台風の進路予想はずいぶん正確になり、ハザードマップも機能していましたが。
AIももうひと頑張り、人間のニーズに応えましょう。
スポンサーサイト



惨状
記録的な強さの台風が東日本を襲いました。


DSC_2264.jpg

雨は止んだ翌朝の阿武隈川、今台風で全国的に有名になった一級河川、平常はゆっかり流れる大河の堤防の外、川から逆流した水が、普段は水を吸う升から噴水のように吹き出します。
30年前の8.5水害と呼ばれる以前の氾濫を知る老人も、8.5の時でもなかったと唸ります。

DSC_2362.jpg

中小河川のでもも道を越えてきた濁流が、農家のトラクターを呑み込み無残な姿に。
ともあれ、台風は去りました。

進路予想
台風が迫り前線からの雨、これから本体の雨雲がやって来ます。雨とともに怖いのが強風、リンゴの中生が収穫の頃、晩生種「ふじ」も玉が張って来ました、落果は無論ですが傷果も心配です。

DSC_2259.jpg

台風の進路予想の精度も相当上がって来ました。衛星画像と過去の膨大なデータ解析、ビックデータと人工知能の成せる業か。1日前だと台風の進路がほぼ線状に出でいます。

DSC_2261_20191012074937117.jpg

半袖長袖の割合やコートの着装率を画像分析で行う天気予報番組みもありますが、こちらはマーケティングか当日の物品の販売量推定などに応用できるかもしれません。
ともあれ降り出した雨、「問題は今日の雨」そして風。

コンベンション
県庁所在地ではありませんが、仙台に次ぐ東北第2の都市郡山市のコンベンションホール「ビックパレット」。知名度からして、福島県の県庁所在地は「会津若松市」だと思われている向きも多数あるとは聞いています。

DSC_2258_201910110819205bb.jpg

台風前の最後の青空になったこの日、11月のイベントの打合せ。近未来的にも見える建物「ビックパレット」も先の震災直後は長らく避難所で、ホールをダンボールで区切っての生活の様子はまさに野戦病院。視察の菅首相が避難者から呼び止められたのも、当時の東電社長が土下座したのもここだったと記憶していますが。

さて、この秋は来週は幕張メッセを皮切りに、仙台夢メッセ、名古屋ポートメッセ、東京ビックサイトとまさに各地コンベンションホール、イベント出展のハシゴ状態。
この隣接地には、仮設住宅が建てられて今は撤去されて臨時駐車場に利用。避難所・仮設は姿を消しましたが震災の原発事故後の「事故処理」「風評」と言う後遺症はまだまだ続いています。


出羽路
東京方面から向かって米沢の先に開通した山形中央道。以前は山形道として仙台の手前からの峠越えのルートで山形市内に入ったため、置賜と呼ばれる山形南部は繋がる高速道路はありませんでした。

DSC_2256_20191010072228b49.jpg

米沢から上山まで、開通以来初めての走行で出羽路を行けば、10月前半「錦秋」とは言えないまでも紅葉の気配。あと半月で燃えるような赤か。

DSC_2252_20191010072226af4.jpg

紅葉を過ぎるとこのエリアは日本有数の豪雪地帯、山肌に樹木が刈り込まれたスキー場が見えます。リゾート・スキーブームで通過の国道が渋滞になったのも今は昔。高速道路網は従来の施設が、通過点になってしまう危機もはらみます。過去の常識や慣例が通用しなくなる、ターニングポイントを見誤ると墓穴を掘ります、自戒を込めて。

DSC_2254_201910100722279ca.jpg

駆け足の出張から戻れば、リチウムイオン電池の発明がノーベル化学賞受賞の速報が流れました。各紙面も当然一面トップ、これで救われたのが経営陣の大量辞任の乾田か。こお慶事が無いと取扱いがもっと大きかったはずですが。

里の秋
米の自然乾燥を売り物にしている農家だとか、相次ぐ雨の軟弱な地面に苦労しながらも、なんとか稲刈を終えた様子。苦労した稲作と自然乾燥が報われる直接取引が成立すると良いのですが。

DSC_2242_20191009073059ca2.jpg

柿も色づいて来ました。日々赤味を増す柿の実に進む稲刈り、まさに日本の原風景です。昨今、都市でも農村でも、話題は健闘中のラクビ―日本チームと菓子の下から小判や金貨とお仕立券。

DSC_2245_201910090731019d2.jpg

発覚以来、本当に事態の収拾と原因究明で「責任を果たす」として、辞任は避けられると思ったのか。会長辞任と一方が報じられましたが何とも遅い。
受け取りを拒むと激怒され、一旦預かっておりました。贈り側に怒られる、気分を損ねると大変と、そもそもその構図に問題がある一件。テコンドーの方がむしろ分かり易い、悪役は一目瞭然ですので。

ボーダレス
通常の鶏肉だと「安売り競争の目玉」。何とか付加価値の高い「ブランド鶏肉」を目指そうと、地域・加工メーカー・養鶏団体とも躍起。

いわゆる地鶏ブームですが、地鶏の定義も様々な解釈。名乗った方が勝ちとは行かず、品質・知名度・安定供給とかなりのハードルがあるようです。

DSC_2223.jpg

どんなトラックで運ぼうが、鶏の品質は変わりま食肉加工場の近くい現れたのは「平泉」ナンバー。遠路運んできたのかたまたまトラックを利用しただけなのか。運賃もコストのうち、高付加価値を求めながらも身を切るようなコスト競争もついて回ります。
風格
秋祭りの時期です。これから11月の初めまで、毎週どこかで秋祭り。葬儀は仏式でも、祭礼やお参りは神社が多い信仰に寛容な国民性。「神は偉大なり」と信仰神以外は邪悪なものとみなす「排他性」よりは、多少いい加減に見えてもこの方が付き合いやすいのですが。

DSC_2238.jpg

もともと収穫を祝う秋祭りが、産業構造や生活様式の変化に伴い、宗教的なものから娯楽や集客、観光に変化してきました。この週末の飯坂けんか祭りは、温泉場飯坂の性格上、激しく山車をぶつけ合うことから「日本三大けんか祭り」と称してPRをしています。パワハラ暴力御法度の時節がら「けんか祭り」も、如何なものかと思いますが、そこは伝統行事。

瓦の門構えに白漆喰、注連縄に祭提灯。さすがにお祭りもこの構図だと絵になります。日本の伝統文化です。
キャッシュレス
消費増税の提言税率が何とも複雑、商工業者ばかりでなく農業生産からも聞こえてきます。
基本的に農産品は食品(異なるものも在りますが)なので、低減され8%。出荷手数料や運賃は10税額10%。事務処理が何とも複雑になります。

DSC_2225_20191005073537fa3.jpg

ラーメンチェーンの店頭にたなびくのは、ポイントカードのノボリ。昼飯もキャッシュレス、これも時代か。
雨に散る
香りを放っていた金木犀に、台風崩れの低気圧の雨。少し早めに花が落ちてしまうか。

DSC_2214_201910040750245bb.jpg

大きな金木犀の樹になると、その下がオレンジ色のカーペットを敷いたように花が落ちます。色と香りで楽しませ(あの匂いが苦手だと言う知人もいますが)、あっという間に散る金木犀の花。何とか役職にしがみ付きたいと、会見でも辞任を否定した関電の社長と会長。「もはや辞任は避けられない」と新聞は伝えていますが。こちらは高級スーツにそぐわない「どぶ臭さ」が残ります。

10月にして
夏のじっとり感は無いものの、10月にして約30℃。子供達の健康管理も大変です、先ずは季節の果物でも食べて体調維持を。

DSC_2212_20191003074939bfa.jpg

新幹線の待合室、やや時間がありホームに行くと暑そうなので普段は入らない待合室で10分ほど。平日の午後のテレビが放送されていましたが幾つかののモニターにの別番組。
見るとはなしに見ると、民放の時代劇の再放送と午後のワイドショー。時代劇は昔懐かしい西村晃の水戸黄門、ワイドショーは例の関西電力と元助役。どうも内容は江戸時代も令和でも事件の構図は変わらないように見えました。やるせなくなり、ホームに上りましたが。
青畳
和室の畳の表替え、職人さんが手際よく。

DSC_2206.jpg

やはり、「表」だけとは言えイグサの匂いがする青畳は気持ちよく、また、たまたまこの日は妻の誕生日。

DSC_2205_201910020718122a2.jpg
据え付けが誕生日になってのは、畳屋さんの都合もあり、他意はありません。
新しくて気持ちのいいもの、古くて価値の生じるもの、様々です。
神無月
10月になりました。消費増税です、何とも分かり難い。これを機に廃業と言う声も聞きます、昨今の経営指導も「事業継承」がキーワード廃業せずに誰かに事業を継いでもらう、もちろん将来性と事業性が伴ってのことですが。

DSC_2198_20191001073731c26.jpg

10月は国中の神様が出雲に集まり、神様がいなくなることから「神無月」。国内は、世界中から力自慢、走力自慢が集まりラグビーワールドカップ。日本代表の活躍に異様な盛り上がりです。
先日の勝利に「これほど騒ぐとことか」とフェイスブックに書き込んでいた旧知の元NHKの解説委員。地上波放送で中継して、勝利の瞬間に「もう奇跡とは言わせない」と絶叫して、盛り上げに一役買ったのもNHKでした。

DSC_2202.jpg

秋は深まりますが、関電の金品の「預かっただけ」は根深そうで、企業や立地自治体だけではなく「〇〇〇ムラ」全体のの体質か。東電旧経営陣に対する上告も避けられなかったのでしょう。