プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

アジサイ祭り
例年開かれる地元のアジサイ祭り。特に見せ場のないこの時期に、遊休地の紫陽花を植えて、集客を図ろうと言う考え。もっとも集客を図ったところで、宿泊施設も観光物産も特異ないのですが。

DSC_7647.jpg

紫陽花は梅雨から夏にかけての1月あるかないかで、後は枯れた花が侘しく付いてているだけ。で、日曜日の朝からアジサイ祭りのために周囲の草刈りに駆り出された次第。
DSC_7645.jpg

場所によっては雑草に埋もれていたり、群生地でも蔓が絡んでいたりと、なかなか重労働です。ここのアジサイ祭りは2週間後mその週にどこかの地区でやはりアジサイ祭りが開かれ、コラボ企画で集客をしたいようですが「紫陽花のハシゴ」をするコアなファンがいるのかどうか。
いや、あま「りネガティブ」なことは言わず、ささやかな祭りの盛況を祈りましょう。

スポンサーサイト
いくらなんでも、ちょっと
使うことが多いのは、福島市市内に2ある高速のインターチェンジのうち、「飯坂インター」のほうですが「福島西」も方向に応じて使います。

DSC_7637.jpg

その福島西インターを降りたら国道の合流前の広場にこんなディスプレイが。
まあ、季節の花なのですが、どう見てもプランターを無理して特設台に乗せて、電飾でしょうが2重のハートマークに看板を付けたもの。
夜、電飾のつくころ見れば、それなりに見えるのでしょうが白昼見ると「どうも安っぽい」。それでなくとも、最も夜が短い時期ですので。
さらに気になるのは、「こらんしょ」とは「welcome」の訳ではなく、「おいでください」の意味。上段の「welcome happy island」と下段の「こらんしょ 福島」は別の行立てで「英訳」「和訳」ではないと言ってし合えばそれまでですが。
田植えからひと月
田植えの最盛期から30~45日、株もずいぶん太くなりました、これから一気に伸長します。

DSC_7639.jpg

まだ条間の水が見えますが、あとひと月で葉が繁茂して行きます。葉が伸びればいいと言うわけにはいかないのが稲作の難しいところですが。田植えからこれまでの間、まわりの水田より生育が遅れていると、追肥などしようものならこの後の「倒伏」などの原因になります。淡い色合い、遅れ気味が生育が米作りの秘訣。
「分かっていても気がもめます」という農家さんの気持ちもよく分かります、しかし昨年の刈り入れ後から、ちゃんと土作りをしていれば大丈夫。これから、出穂までの30~45日で稲の立ち姿が一気に逆転します。もちろん過繁茂がいいわけではありません。

DSC_7640.jpg

梅雨の雨に打たれても水滴を跳ねながら、今年は稲作も生育だけは順調のようです。いわゆる「風評被害」は、この梅雨空の如くですが。

梅雨入り
例年より10日遅れの梅雨入り、午前中から降り出した雨は夜まで降り続き、小休止して週末に雨とのこと。

別に梅雨を待ち望むわけではありませんが、降る時期に降らないと何か落ち着きません。

DSC_7635.jpg

咲きかけた紫陽花、もうずいぶん咲いている紫陽花もありますが、雨に煙ってこそ紫陽花。向日葵には青空のように、紫陽花にはやはり雨か。
DSC_7636.jpg

「紫陽花」に「雨」、「公共事業」に「汚職」、「下請け」に「強要」、「権力」に「忖度」直接関係のない全く別な言葉でも、対になって出てくるので不思議です。

「築地」に「豊洲」もありますが、都知事の豊洲移転と築地再利用。意味不明、選挙対策、荒唐無稽と専門家の見立ては散々ですが、これからの物流や商流の変化を見越すと一見「意味不明」のところに意味を見いだせるような気がしないでもありません。何れ新プランに異を唱えるのは「既得権益」と見立てれば、案外構図も見えてきます。
コーヒー依存症
雨は降らない梅雨寒のような天候が続き、露地野菜の生育を心配していたら突然の高温。前日より10℃以上高いと、人間の体調も心配です。それでなくとも「原因不明」の咳がなかなか収まりません。
おりしも、名女優「野際陽子」が肺腺がんで死亡、元気にドラマ出でていても蔭ではがん治療も行っていたとのこと。気管支のレントゲンも勧められますが、おそらく消化器から来るもの、昨年の定期検診では内視鏡で食道の炎症を言われました。ここに胃酸が来ることによって咳込むのではいかと推測、去年の診察で医師からは「刺激性のもは好まないか」との問診で「1日コーヒーマグカップサイズで6~7杯」といったら、多いのでせめて3杯までとクギを指されていました。

別にコーヒーで眠れなくらるたちでもないので、そのままのペースで飲み続け、先頃コスタリカみやげのコーヒーがおいしいので少しペースが上がっていました。「医者の言うこともたまには聞くもの」と咳込みながら身に染みています。

DSC_7603.jpg

共同研究で出向く山形大学工学部、ここにもコーヒー通の先生がいて、たまには「タンザニア」産を頂きます。

DSC_7587.jpg

3月まで雪に閉ざされていた欅の並木も、木漏れ日が差してなお且つ日傘と夏の装い、福島同様盆地の夏は厳しいのですが、まだその前に遅れている梅雨入りがあります。

さすがに、大学に行ってもコーヒーは自粛し研究室に直行。体調の回復に努めていますが、こんな時に限って「グアテマラ」に行っていたのでコーヒーを買ってきましたなどと親切に届けてくれた人あり。
「グアテマラ」もコクがある割にクセが無くて好きな豆ではあるのですが、開封までには少々時間がかかりそうです。