FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

まだ早い
「梅雨寒」から「蒸し暑さ」に。梅雨明けは近づいた様子ですが連日の雨。
桃の早生種「暁星」の出荷は始まりましたが、主力の中生種は月末から8月にかけての出荷の見通し。

DSC_1766.jpg

果樹園の桃を見ても「青い実に赤味が差しはじめ」という段階。桃農家は「梅雨明けを祈るばかり」と、地面に反射シートを敷き始めました。甲子園の予選も各地で佳境、本格的な夏が待たれます。

スポンサーサイト
それでも花は咲く
日照不足で全国的に野菜が不作。何かにつけて報道されています。昨年は高温と渇水、足して2で割る訳には行かないのが異常気象。果実に赤みが差してきた桃の生育も心配されます。

とは言え7月も後半、向日葵も咲いて来ました。

DSC_1759_2019071907393737e.jpg

参院選も盛り上がりがもう一つとか。まだ居座る梅雨前線、青空が待たれます。
稲作
日照不足は続くものの、温度はそこそこ確保できていて、現時点ではそう悪い出来ではないかと思われる稲作。もっとも問題はこれからの「出穂」「開花」の頃の天候ですが。

DSC_1756.jpg

熱帯・亜熱帯の沼地の植物だった稲が、青森はおろか北海道の石狩平野まで水田が広がる産地になったのは、農業技術者のたゆまぬ品種改良か地球の温暖化か。

DSC_1758.jpg

エルニ―ニョが終わり、猛暑の予想もありますがどうなるか今年の夏は。春の渇水が嘘のように水には恵まれ過ぎた今年の梅雨でした。


名残の紫陽花
夏の太陽がが照って、主役を向日葵に渡すはずの紫陽花も、一向に変わらぬ紫陽花向きの天候。記録的な日照の無さとか、梅雨らしい梅雨と言えばそれまでですが。

DSC_1749.jpg

紫陽花も役目を終える時期に、そうも行かずと咲き誇りますが、そろそろは何傷みも目につきます。

DSC_1745.jpg

桜のように1週間で散るものではないにしろ、今年の役目は終えるころ。紫陽花に文句を言うわけにも行きませんが、適度な日照があってもいい時期になりました。
出番を待つ
5月の高温は、「何だった」と思うほどの梅雨寒と日照不足。
灼熱の日々も困りますが、今年は多雨の梅雨。将来起こりうる高温下の生活予報もシュミレーションがピンと来ません、昨年のような空梅雨連続の猛暑日だとリアリティも増すのでしょうが。

DSC_1740.jpg

車庫の奥で出番を待つ2輪車も、出番に恵まれません。

DSC_1751.jpg

有志で植えた棚田の向日葵も、今一つ元気が出ません。強い日差しがあってこその向日葵、ここでも青空を待っています。