FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

冬の丑
正月用の、御幣束の件で神社へ。一帯の神社を束ねる「天神宮」。天神社と天満宮の呼び方の違いについて、詳しいことは分かりませんが、大阪の北野天満宮にもあるように、象徴は「石牛」。

DSC_0687.jpg

本堂かお寺だから、ここ神社では本殿か。その本殿の前に在る狛犬の前にシンボルの牛。胴には梅の紋、そして時節柄角に掛かるようにようにサンタの帽子。
昨今、このくらいの洒落をしないと、神社も注目されないか。何れにせよ「紙のご加護がありますように」。
スポンサーサイト
難を転じる
「難を転じる」に掛けて、縁起物とされる庭木の南天。別に語呂に掛けなくとも、冬の庭や玄関先に、赤い実をつけていれば「吉兆」や「生命力」の兆しは感じられます。
生命力の強い木らしく、結構荒れた庭にも元気よく赤い実をつけている南天が見受けられます。

DSC_0676.jpg

「家の庭はそんなに荒れていない」と、庭園の持ち主には叱られそうですが、「荒れた庭にも」と言うのは例えの話。もちろん管理の行き届いた庭にこそ「赤い実」は映えます。

DSC_0678.jpg

白南天と言うのもあるらしく、ここの庭園には通用門の脇に慎ましく白い実をつけていました。赤ほど目立ちませんが、白には白の凛とした趣があります。週明けからは穏やかな冬日が続くようです、暮れはもう過ぐ。
師走の雪
積雪で困るほどの雪ではないものの、雪の舞う日が多い今年の師走。

DSC_0683_01.jpg

舞う雪の中を元気に駆ける黒い犬。リードを持つ方も、なかなか大変です。東京での駆け足の出張を終え、リードのない有難味を感じつつも、一息ついたときのスタバのコーヒーのような楽しみが犬にもあるのかと、余分のことを考えました。
昨今のドックフードは凝ったものも多く、案外ペットの方がカロリーも気にせず満足感の高い食事をしているかも知れません。
秋の名残と春を待つ
暮れの挨拶で見かけた、玄関先の「菊の花」。寒さに強い品種なのか、葉に少し傷みはあるものの、まだ元気に菊の花。

DSC_0658.jpg

一方これから雪に閉ざされる公園の「芝桜」。以前公園の斜面を埋めていた「芝桜」が生育不良、抜いてみると完全な発根障害。このような根にいくら肥料を入れても吸収できません。
過湿だと言う部分に排水を入れPH調整、緩効性の有機肥料に変えて植え替えました。工事は先月終了、作業は地元のシルバー人材。

DSC_0649.jpg

春まで寒さに耐えて、元気に葉を伸ばしてくれるでしょう。来年春には一面の芝桜と言うわけには行きませんが、その翌年には地を覆ってくれるはず。黒いシートは防草シート、水は通しますが下からの草は抑えます。減農薬の手段、春を待ちます。
神々しくもあり
冠雪の吾妻連峰を横目に北に車を進めると、正面に蔵王。

DSC_0663.jpg

暖冬気配から突然の寒さと降雪。根雪と言うにはまだ薄らとした積雪に見える吾妻小富士と一切経。この山の反対側が雪国会津、さらに越後山脈があって新潟。

蔵王は、山形と宮城にまたがります。[樹氷」は有名、ここより北に位置するので冠雪は吾妻より早いのは当然か。

DSC_0667.jpg

遠景の、雪に覆われた北の山々は神々しくもあり、やがて平場にも降りてくる厳冬を予感させます。