プロフィール

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

再び西の空
梨園の枝越に見る吾妻山、残念ながら吾妻小富士に雲がかかっていました。お年寄りの会話が聞こえてきて「今年の吾妻山はいつもより白い」、雪の多い年だったことがしのばれます。

DSC_7050.jpg

夕暮れの雪山ですが、夕暮れもずいぶん遅くなりました。気がつけば、春彼岸まであと一月もありません。節分だ恵方巻きだと言っていたら、もう雛祭りです。

DSC_7048.jpg

果樹園のせん定作業もほぼ終わり、落ちた枝の整理の時期です。これから彼岸頃にかけて細枝を燃やす煙が、あちこちから立ち上がってきます、冬の暖を取る焚火ではなくて春を告る煙です。

3.11の原発事故6年目の記事が増えてきました。ま、いつもの通り紋切型、あまり目新しいものではありません。これから3月上旬にかけてこれがピーク、そして何もなかったように別の話題に移ります。7年目も基本的に何も変わらないのですが。
スポンサーサイト
日曜の昼下がり
「日曜の昼下がり」、ポカポカ陽気と付け加えたいところですが、そう都合がよく季節は運ばす、冷たい風に加えて雨粒も落ちてきました。

DSC_7044.jpg

ですから防寒具に身を固めての犬の散歩です。「犬はよろこび庭駆けまわる」は「ポチ」の名付られることが多かった日本の在来種の話、昨今の愛玩犬の特性は分かりませんが。
少なくとも飼い主の「運動不足解消」に多少の寄与はしているのでしょう。

散歩コースの外れの辺り、果樹園と水田だった辺りに忽然と建設された復興住宅。入居はまだですが、規模からして相当の居住者でしょう、この規模の(この写真も全容の一部ですが)団地造成を小学校を挟んだ隣接地でも行っています。

DSC_7047.jpg


こうしてみると、県内外の避難者は8万人を割り込みましたなどと「明るいニュース」風の報道もありましたが、流浪の民の多さが浮彫にされます。避難者は避難地から別の避難地に引っ越すと、「避難者」とカウントされなくなるとのこと、数字のマジックで避難者が減ったと、事故の「風化」を進めたいと思っている輩も、なんと多いことか。


東の空
午後の打合せ、車を止めた駐車場から東の方向を見れば前日一転した青空。日差しは明るくなりましたが、相変らず風は冷たい2月の末です。

DSC_7041.jpg

この立木の反対側が「稲荷神社」、この界隈では一番大きな神社でしょうか。もっとも神社の大小はなにで決まるかは分かりませんが。

DSC_7039.jpg

見ているこちらまで寒くなるような小学生の半ズボン、付属小の伝統です。上はジャンパーで防寒していますが、これはどうしたものか。先ずは小学男子だと、顔が写らないように配慮すればシャッターを押せます。これが同じ足むき出しのの女子高生だと撮影は遠慮しなければならず、小学女子だと撮影はもっと微妙になります。「怪しいのもではありません」となんらか
意思表示が必要になります。

DSC_7042.jpg

冬を越しつつある雪吊りも、今年はずいぶん活躍しました。しかしこれから3月にかけて湿った雪が降ります、まだ安心はできません。
米沢あたりの雪吊りと違って「観賞用」にも見えますが、これが取れればようやく春です。
西の空
昨日の午後の3時過ぎ、出張するので「写真撮っといて」とお願したらこの写真。駅西口方向からの写した空を見れば鉛色の空。そして落ちてくる雨、相変らず冷たい雨ですが雪ではない分春が近いのかもしれません。例によって2月末ともなると、3.11に向けて様々な特集・報道が出てきます。今年のトレンド(?)は、いじめやハラスメントそして風評被害か。
何度も書きますが、その中で東電労組は賃上げ交渉、それぞれ生活があると言えばそれまでですが。

DSC_7035.jpg

季節は移っても、なかなか人の気持ちの問題は簡単に移ってくれません。「汚染水を止められない、メルトダウンを隠蔽した、サソリ型のロボットが先に進めずデブリを確認できない」これでは風評被害の払拭など先の先、国民の知る権利を充足させて、なお理解を得ることが肝要です。「科学的根拠のない風評」とはいえ、科学の粋、事故などあり得ない先端技術のはずだった原発の末路を見ると「科学的根拠とは」は、そこから検証を始めなければなりません。

DSC_7037.jpg

雪に閉ざされた「吾妻小富士」も後2ヶ月で、くっきりと「雪うさぎ」を描き出します。もう桜は終わって桃、りんごの花の時期。なかなか寒さが去らない春を待つ身ですが、もっと進まないこともあるようで。


蝋梅(ロウバイ)
また寒さが戻りました。「三寒四温」と言うのには一月、「寒の戻り」には二月早いのですが、凍結の道路に風で雪が舞う風景は積雪より寒々しく見えます。
しかし、先週の暖かさの影響か、気付かぬうちに隣の蝋梅も咲き揃っていました。

DSC_7031.jpg

半月前の紹介では、まだ咲き始めでしたが。何度も書くように先週の暖かさか、もっとも先週は「幕張メッセ」にカンヅメ状態「外は春一番」と来場者が話題にはしていましたが、その暖かさは体験していません。このような花の咲き方で、気候の変化を追体験するのみです。

外国人講師とやらも、冗談のつもりで行ったのでしょうが「放射能を浴びた人間は光る」福島のどこで3.11を迎えた出身者か分かりませんが、全く洒落にもなりません。もっと洒落にならないのは3年前のことが今さら公表。文科省の天下りも問題もあって、大学の体質も問題になっています。

DSC_7032.jpg

お向さんでも軒下には除雪用具、これからまで出番もありそうです。いろんな意味で「福島の春は遠い」を実感しています。