プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

会津の桜
桜前線は弘前まで届いたということ。例年連休に咲く桜が、もう咲いてしまうのは何とも「準備」のことも考えろと言いたいところでしょうが、そこは気象上の理由、「人の力」ではどうにもなりません。

DSC_9190.jpg

桜前線は単純に北上するのではなく、位置や標高によって上がったり下がったり横に移動したり。福島の中通りは逆に南下すると書きましたが、桜が散ったばかりの白河近くの翌日は会津地方、全く貧乏暇なしです。
会津も今年は「まだ見頃」とは言いませんが、散り際の桜は見ることが出来ました。桜も品種によってはまだ満開、49号線を郡山方面から入り会津盆地の下り口あたり、遠目にもシダレ桜は満開に見えます。その後方の白い立像は「観音様」の台座の辺り、宗教団体ではなく観光施設ですが。

DSC_9202.jpg

鶴ヶ城方面に所用はなく、お城の桜は見れませんでしたが、若松市内から見た方方面に抜ける途中の神指城という城跡。小山に桜などの大木が、隣りにお寺があるだけの城址ですが、かつては鶴ヶ城を凌ぐ城塞を築く筈だったところと、偶然前日見たテレビ番組では伝えていました。

DSC_9203.jpg

前日見た矢吹の鯉のぼりは、風がなく垂れたままでしたが会津の鯉のぼりは元気に泳いでいました。むろん、この日はたまたま風が吹いていたと言うだけですが。


スポンサーサイト
早や夏日
夏日の1日、福島県の南部まで。福島県の桜前線は浜通りの南部いわきから太平洋岸を北上して、相馬まで行ったら中通北部福島市に行き、そこから郡山白河と南下します。伺ったところは白河市より北部須賀川との中間辺りの矢吹と言うところ。まだ、なごりの桜が咲いていました。そして、一面の芝桜。

DSC_9180.jpg

昨日の雨の跡に一層ピンクが際立っていました。芝桜はここから東方面に行ったいわき方面「平田村」と言うところが有名ですが、いわきに行くのも磐越道の利用が多く、なかなか平田の芝桜を見る機会も少なくなりました。

DSC_9178.jpg

今年初めて、「鯉のぼり」を見ました。考えてみれば4月の後半、どこでも鯉のぼりが泳いでいても不思議のない時期ですが、気づいたのは今季初めて。数日前の強風とは違い、ほぼ無風で「元気に泳ぐ」とは行きませんが「仲良く垂れて」はいました。

何年か前の今の時期、霞ヶ関の官庁街を歩いていると道路向うの建物二「鯉のぼり」。どこの官庁かと看板を見れば「文部科学省」、子供の成長を見守る役所の意思表示か。多少宣伝臭さも、いじましさも感じましたが、鯉のぼりも吹き飛ばされそうな「突風」が霞ヶ関に吹いていました。

春の雨
先週末、雨の予報があまり降らずに代わって風。今週はずっと晴天予報でしたが1日静かに降る雨、農家にとっては恵みの雨か。

DSC_9174.jpg

静かな雨ではなく、相次ぐ嵐のような財務省。隣県新潟にも思わぬ余波が。

DSC_9169.jpg

取り残しの冬野菜、この雨で春まき夏野菜に作付が進むか。山の緑は例年の八十八夜のこ頃のようで、八十八夜は5月2日、やはり季節は半月は前に進んでいます。

DSC_9177.jpg
雨の後は25度の「夏日」の予想で、また季節が進みそうです。カレンダーと進む季節とのギャップ、なにか農家にとっても、生産技術も農家経営も難しい年になります。
なかなかご縁はございませんが
例年より、半月は早い季節の移り変わり。とんぼ返りした仙台の新年度のご挨拶回り、欅の芽吹きなど新緑とは言わないまでも、すでに薄緑色が杜の都を覆っていました。

小判の俗称を「山吹色」。大判・小判にも、札束にも電子マネーにもさしたるご縁はありませんが、こちらの地方も早くも山吹の花。土手によっては「一面の山引き色」のところも出てきました。

DSC_9167.jpg

人を寄せつける、絢爛豪華に咲く花もあり、栽培や手入れもしないのに土手一面を彩る花あり。
色とりどりとは言いませんが、解体材置き場に申し訳なさそうに咲くチューリップあり。これからまた、ツツジや牡丹と花が続きます。

DSC_9155.jpg

水田の作業がカレンダーに沿って例年の通りに進んでいても、季節の方が早い今年は何となく遅れ気味に見えてしまいます。しかしまだ4月中旬です。
道ばた
道端が華やいできました、騒々しくもあります。
4年に一度の大騒ぎ、オリンピックではありません、市議会銀選挙。身近なだけに国政選挙とはまた違った盛り上がりです。

DSC_9160.jpg
出る方も、応援する方も大変です。普段は借りてきた猫のようにおとなしくとも「選挙」となると俄然張り切る人もいます。

DSC_9162.jpg

コンクリートの割れ目か、根着かなかった街路樹の穴か、わずかな隙間に花を植えた人がいます。交差点の信号待ちから見えます、球根を植えただけはなく、水を撒くことも必要です、それでなくともこの4月は降水量が足りません。このような気の利いたことをしてくれる人だったら1票を投じてもいいなと思います。

DSC_9158.jpg

過疎地の郵便局、ここも花に囲まれていました。2か月に1度年金の支給日には、押すな押すなの大混雑。しかし年金取り扱いもJAに押され気味だとか。こじんまりとそれでも金融業界の競争原理が働いていました、お土産の景品よりも花に囲まれた郵便局も魅力的だとは思うのですが。