FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

隧道
伊豆の「天城越え」ではありませんが、近道の山越えの道路の隧道。
また、暑さが戻ったこの夏の山間道路、暑さは変わりませんがコンクリートやアスファルトの照り返とは違う緑の中の空気感。

DSC_9908.jpg

昔の国名で言えば「陸奥」と「磐城」を繋ぐように存在した裏街道も、今は緑に覆われて地元民の生活道路。近くに高速道も開通してインターチェンジもあり「浜街道への近道」と言う役割も終えました。

DSC_9920.jpg

8月半ばになると、一足早く秋の気配もあるこの辺り。探せば早やコスモスがが何輪か。
スポンサーサイト
盂蘭盆(うらぼん)
盂蘭盆とはサンスクリット語の音写で通称「お盆」の正式な呼び名、「餓鬼道」がどうのとの説法も以前聞いたことはありますが「聞いたことがある」という記憶しかありません。

秋の神社の祭礼には「山車(だし)」を曳き、正月の初詣ではたいてい神社。彼岸とお盆は墓地に参り供養は仏式と、宗教信仰とは程遠い平均的な日本人なので、お盆は慣例で墓参りとご寺院への挨拶。

DSC_9903.jpg

境内で地蔵の石塔があったので合掌。医学が今ほど発達していなくて、栄養事情が悪かった時代に命を落とした子供たちを祀るものです。

何年か前に原発事故の避難区域を視察した時のこと、津波になぎ倒された地蔵塔が一カ所に積まれていました。津波がさらに内陸に押し寄せるのを身を挺して護ったように見えた津波の跡。さらに、原発事故御影響で供養もされず野積のままでした。

DSC_9904.jpg

禅寺の伽藍を見上げながら、そう昔のことではない海の近くのお地蔵様に思い出しました。科学技術の発達で、乳幼児の死亡率は激減してましたが、科学技術によってクリーンなエネルギーを供給するはずだった原発は自然災害の前に過酷な事故を起こしてしまいました。もっとも科学技術以前に、利益を優先させようとしてリスク管理を怠った「人災」と言う見方もあるのですが。



入盆
当地方は13日が迎え火。カレンダーの上では平日で、官公庁や金融機関、スーパー等も平常営業ですが、少し日常とは違う「静かさ」と「慌ただしさ」の月遅れのお盆です。朝の静寂はやはり通勤者が少ないからか。

DSC_9899.jpg

例年にない暑さで、出荷が前倒しの桃。もう晩生の「川中島白桃」の出荷が始まります。梨の幸水もお盆を過ぎたころには間もなく出荷が始まると。台風やその後の夕立の雨、また暑さが戻ってきました。
夏祭り
8月初旬、県庁所在地や中核都市で「観光イベント」のような夏祭りが行われ、それが終わると月遅れのお盆にかけて周辺都市で、そして旧自治体(平成の合併前の町村)、市役所の支庁やそれから町内会や大字単位と小さな単位の夏祭りが続きます。

DSC_9881.jpg

連休とは言え、昼からカラオケが大音量、それも「憧れのハワイ航路」、「BSの歌謡番組か」とも思われるような選曲ですが、支庁の前には櫓も組まれ盆踊りの準備、合わせて花火もあがるのでしょう。

DSC_9889.jpg

いそいそと向かう中学生か、中学校は一つの学区内のイベントで周囲は皆顔見知り、安心この上ありません。
露店も多数出ていますが、そのほかお金を使う場所は支庁前のコンビニくらい。

DSC_9883.jpg

臨時の駐車場も満杯の様子、前の道路を通りがかっただけで「お祭り」の気分になります。「手作り感」満載、盆踊りはともかく今夜は遠くから「花火」を見ましょうか。

DSC_9895.jpg

山の日
それらりの根拠も思惑もあるのでしょうが、よく分からない休日が増えてきました。今年は8月11日の「山の日」が土曜日で、そうそう影響はなさそうですが、なにも「夏季休暇の前に」と思わなくもありません。もっとも、官公庁も金融機関も「お盆休み」というものはありません、通常の窓口業務を続けるところもあります。商業・サービス業にとっては逆にかき入れ時です。

DSC_9873.jpg

所用で通りがかった国道113号線、13号線ではありません。宮城南部から山形南部を繋ぐ生活道路、観光道路ではありません。山間部の緑が迫るような道路を通ると「山の日」なる漠然とした名称の休日も、山と隣接して暮らしてきた日本人のルーツのようなものが感じられます。もっとも廃業した旅館や閉鎖された郵便局なども目につき、過疎地の人口減少・放棄農地や山林の荒廃なども感じられます。休日を作るだけでは済まないような現状も見えてきます。