FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

有るところには有る
晴れあがった青空、朝に突然花火の音。運動会のようです、「秋にするのか」、以前は秋でした。東北や北海道は春だが、全国的には秋が多いと聞いたことがあります。

DSC_0168.jpg

調査したいことがあり、昔の邸宅へ。日の丸が掲げてあり「何か」と思えばこの日は「秋分の日」。祝日なので玄関先に国旗、当然と言えば当然の習慣も、最近はあまり見なくなりました。
この様な習慣も、「有るところには有る」のですが、我が家は国旗の所在すら明らかではありません。

DSC_0170.jpg

秋晴れの青空と、真夏の深緑から少しだけ黄味が差したような欅の大木に白い壁。3色のコントラストがこれぞ「日本の秋」の風景ですが、最近土蔵を改修した知人の話。
ここから少し離れた葡萄農家で、収穫後の葡萄の管理で、温度の変をを避けるために土蔵を使っていました。瓦は落ち土台が腐りだしていたので思い切って全面改修、外観も土壁に白漆喰を塗って見違えるばかり。工事費を聞くと1,000万円掛かったとのこと、「有るところには有る」ものです。
スポンサーサイト
止まぬ雨はない
朝から雨の連休初日、墓参りも憚られるような降りも正午頃には止んで午後は晴天。続いた秋雨に運動不足か、元気には走り出す人あり。

DSC_0158.jpg

先週も3連休、一週置いて10月の体育の日も3連休。穏やかの秋の日が続くことを願うばかりです。

DSC_0159.jpg

雨上がりの昼下がり、ネットでニュースを見ていると山形県大江町で野生のキノコ「サクラタケ」で放射性物質「セシウム」が基準値を超えている物が見つかり「大江町」「尾花沢市」で自主回収とのこと。
尾花沢と言えば宮城県よりとは言え山形も北部、収穫・販売する側も「セシウム」のリスクはあまり考えなかったとしても致し方ないところか。しかし、「基準値越え」「自主回収」がネットや新聞で踊ると「風評」がまた巻き起こることになります。
止まぬ雨はないとはいえ、こちらは止まぬのかと見上げる秋空。

過去と未来
足場を組まれた建築物、違いは解体工事と建築工事。

DSC_0139.jpg


役目を終えた構造物と解体後のの土地利用計画、私有地なので詳細明らかになっていませんが、かなりの面積なのでこれまでの事例からすると高齢者施設など。もっとも少々先を見据えると人口減少により高齢者施設も不要になって来る不気味なシュミレーションもありますが。となると斎場か霊園と言うのも笑えない冗談。

DSC_0140.jpg

建築現場の建物の方、過去にあった山を切り開いてのニュータウンではなく、文教地区の再開発。文教地区に「賑わい」と言うのも変ですが、学校や中規模の量販店を中心にコンパクトに居住地域が広がるのがこれからの未来か。

さらに郊外や中山間地、農業地帯の今後が気になるところ。国内では総裁選挙も終わりましたが、苛烈を極める米・中の貿易摩擦の関税の応酬。このような先の読めない国家間の争いも、国内農業を考えた時に無縁ではありません。ましてこの地帯、原発事故御影響も、まだまだ尾を引いています。
見渡せば
見渡せば「金木犀」の季節、木々にはオレンジ色の花と花の香り。桜のような並木や群生はありませんが、ちょっとした庭ならばたいてい1本くらい植えてある・・・とは少し大げさか。しかし、どこかしこで見かける季節にありました。

DSC_0150.jpg

しかし、しばらくたつと花が落ちて、木下がオレンジ色の絨毯のようになり朝晩に冷え込む「中秋」に移って来ます。

DSC_0143.jpg

子供の見守りボランティア、五月と並んで一番活動しやすい季節とか。稲の刈り取り作業も始まりました。

青空
秋の陽ざしに誘われて、「うろこ雲」の空の写真を載せた翌日、今度は雲一つ無いような青空が広がりました。約2カ月の懸案であった作成書類を午前のうちに添付ファイルで送信。「やれやれ」と見上げた空は秋の空、ひと月前は蒸し暑さと夏台風で、秋が来るなど思いもよりませんでしたが。

DSC_0142.jpg

季節が動かない筈はなく、その後も台風やら地震やら、果ては吾妻山の噴煙と何とも難儀な季節の移り変わり。

DSC_0147.jpg

2週間前、探しても兆しも見えなかった金木犀の花も、オレンジ色と独特の香りが本格的な秋を告げていました。