プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

見る人もなく咲く花
ある意味、桜以上に「学校」「幼稚園と馴染むのが「チューリップ」。学校医は桜の木はつきものですが、桜の満開が4月中恂になる東北では、入学式に桜と言うわけには行きません。

で、幼稚園や小学校に入ると下したてのクレヨンで書くのが「チューリップ」、赤や黄の原色で半円を描いて、上半分をギザギザにすればチューリップらしく見えます。遊技場のチューリップに馴染むのは、そのかなり後の話。
DSC_7305.jpg

小学校の通路に咲くチューリップ、正確には「小学校跡」になります。この3月で140年あまりの歴史を閉じた小学校、この地域5校が同時閉校、町中心部の小学校に通います。
おそらく変わらずに例年通り球根を植えていたか、昨年咲いた花の球根が分球して新しい花をつけたのか。葉の勢いが余りないので肥料不足かもしてません、雑草のナズナに巻かれだしているので子供かPTAが駆り出されて除草をしていた去年までとは違います。

50年前は300人近くいた小学校も閉校時には1桁の児童数。文字通り丸二つ違う実態、何年後には日本の人口が1億人を割るとか、8年万人台になるとか半減するとか。
DSC_7307.jpg

「未来予想図」が、静かな山里の閉校後にも佇んでいます。校舎の再利用案も固まっていないとか。



スポンサーサイト
まだ桜
リンゴの花が咲き乱れる福島盆地から桜の米沢盆地へ。峠ひとつでこれほど違う、日本の季節と気候は不思議です。ここに農業の難しさもあるのですが。

その農業の研究のために通う山形大学、しかし米沢は農学部ではなく工学部。農業も田畑の研究だけでは成り立たなくなりました。
DSC_7272.jpg

旧本館も桜の中、イメージ的に「欅並木」の印象があるのですが、この時期は桜。レトロな雰囲気とマッチします。

冬に来ると残雪置き場になり、雪の壁に圧倒されるような駐車場も桜が満開。雪国の遅い春でした。

DSC_7295.jpg

雪に封じ込められているような場所柄ですが、有機ELなど先端研究がされていて経済紙、専門誌によく登場する研究機関です。この大学とか、仙台の東北大学とか、訪問を続けて情報集積に努めています。

見納め
前復興相の、言葉とは裏腹の「とれも反省などしていない」風体(と書くと僻目ともとられかねませんが)も、辞任と言う名目の解任で「見納め」かと思っていたら、親分の方も色々口にして子分ともどもマスコミい話題に。

すっかり葉桜の福島盆地、周辺の山間部も散り終わり、逆にリンゴの白い花も目立つようになりました。晩春から初夏へと思いつつ所用で米沢へ。建設中の高速道路を横目に坂を上り峠の辺りには残雪が残り、米沢盆地に下りるとこちらは桜が満開。これから、青森にも北海道にも行く予定がないので、今年御桜はここで見納め。
DSC_7298.jpg

最上川の堤防の桜並木、近隣の松川の堤防の桜は信夫山を背景に並んで咲きますが、こちらは遠景に西吾妻。確かここの河原で連休中に「川中島の合戦」が模して行わるのだったと思います。越後から会津若松を経て米沢に移った上杉家、とはいえ甲斐と信州で戦った「川中島の合戦」がみちのく米沢で行事化されているとは。
この地には、上杉鷹山に代表される「産業振興」が息づいているのかもしれません。そこに行くと、たった山ひとつ越えた福島の商売下手、と言うと山形の人たちは、口をそろえて「そんなことはないでしょう」と言うのですが。お互いとなりの芝生は青いのかも知れませんが。
DSC_7296.jpg

米沢で聞いて、全く福島で聞かない言葉もあります。商店に貼ってあったポスター、地元の商工会議所が揃えたもの御様ですが「おしょうしな」と印刷してあります、「ありがとう」の意味。しかし「おしょうしな」と言ってみても米沢の人のイントネーションまでは真似できません。語源は何でどこからきた言葉か一度専門家に聞いてみたいと思います。
火消し
昨日の夕方は久し振りの雨。この前の雨はたしが桜の散り始めに風とともに降った雨、花散らしの雨でした。それから10日余り、今度の雨は少量静かに降った雨で、白と赤に咲いた「ハナミズキ」を濡らしています。

DSC_7268.jpg

雨が降らずに強い風が吹いて、頻繁にサイレンを鳴らした消防車の出動に会いました。GW目前、行楽の予定の皆さんには恐縮ですが、水田の水張りもこれから始まります、少し雨も続いてほしいものです。

さて、火消しと言えば降って湧いたような失言の「火消し」「幕引き」が終わったのか。核開発と弾道ミサイル、米国空母が半島に近づく中、この次元の「話題」につきあってて良いのか疑問です。
野党も辞任では足らずに任命責任も国会で追及としていますが。旧民主党で言えば震災直度の初代復興大臣も「横柄な態度で」被災地の反発を買って直ぐ辞任、現民新党の幹事長も総理当時、原発事故の当年秋には事故収束宣言。当時の言動を顧みると
政権は変わってもと言うのが被災地の率直な意見です。

DSC_7270.jpg

とは言え、今度の復興大臣は地元選出で地元紙の論調等でも期待が大きいようです。私も個人的に存じ上げていますが、県議上がりの朴訥な人。政府方針と地元以降の板挟みも予想されますが、朴訥な分変な挑発インタビューには嵌まらないこと。材木屋の社長で県議からのたたき上げなので、重婚騒動の2代目のようなことはないとは思いますが。

まだ東北だからよかった
東日本大震災が、[首都圏とかでなく東北だからよかった]と言う発言で、今度は一発で復興大臣の首が飛びます。
ご本人は佐賀が選挙区だそうですが、薩長土肥はまだ「白河以北一山百文」の意識なのかと言いたくはなりますが、この前の「自己責任」の遣り取りを聞いていても、政治家には不向きなエキセントリックな性格のようで「個人の資質」ということかも知れません。

東北各地から「怒りの声」の報道ですが、やはり福島の捉え方はもう少し複雑です。絶対安全・事故はありえないと称して建設・稼働していた原発を福島・新潟と言う供給エリア外に作っていたこと。事故が起こった時に被害が抑制される「片田舎」の方が立地に適している、と言う判断以外合理的な理由が見つかりません。と考えると、やはり東電は2重3重の嘘・偽りで原子力事業を行っていたことになります。

DSC_7256.jpg

さて、今頃の時期になると新一年生も少しは学校に慣れたようす。

DSC_7259.jpg

晴れた日には保育所か何かでも公園で子供を遊ばせています。

DSC_7261.jpg

このような場面に出くわすと、つい写真を撮りたくなるのには理由があります。6年前の震災による原発事故直後、住民特に子供や妊婦に対する放射能の影響が懸念され、公園での外遊び等は出来る状況ではありませんでした。しきい値の議論もそれ以前の、データ判断の次元でまとまりが着かず、メディアも被害を大きく言う専門家の方のインパクトを求めているようにも見え(全部とは言いませんが)、情報に振り回される住民の混乱ぶりを好んで報道しているようにも見えました。

ですから、まだ多くの事故の後遺症はありますが、取り敢えず「子供が春の陽を浴びて元気に外で過ごしている」光景を見ると、なんとかここまで回復と安堵しています。

ところが、最近は子供特に「女児」の写真など撮っていようものなら、「変質者」扱いになる困った現象も起きていますが。

で、原発事故直後の話に戻りますが、行政からの御達しは全て行動は「自己責任」、子供を外に出すのもプールに入れるのも、一応安全の基準になるデータは示すものの、判断と責任は「自己責任」。
放射能の影響など、専門家でも見解が分かれ、絶対事故はないと言っていた原子力行政もあにならなくなっていた状況で、しかもメディアは多様な情報を伝える中、放射能にはほとんど知識のない一般市民に「自己責任」での判断を押し付ける当時でした。

ですから「自己責任」といわれると、なんとも責任逃れの行政担当者の姿勢が思い起こされます。今回の大臣辞任(実状は罷免とも言われますが)、「自己責任」の前回発言の段階で自己で責任を取ってもらう必要があったように思います。