FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

出穂
出穂「しゅっすい」と読みます。文字通り稲の穂が出始めたころ。
新型コロナ禍の異例の夏。UAEのイスラエル承認や経済混乱のなかの突然の株高、名優渡利哲也は亡くなるし何か落ち着かなくとも自然は自然、人間の混沌をよそに、まさにカレンダー通りに出穂です。

DSC_4903.jpg

出穂は田植えから50日~80日と品種で異なりますが、コメの代表的品種「コシヒカリ」は判で押したようにこの時期。
出たばかりの穂には、小さな白い花が付いて「受粉」を始めます。あと一月二月かけて頭を垂れる黄金色の稲穂に変わって行きますが、その頃は「落ち着き」か「混乱」が続いているか日本経済。コロナ禍での今年の終戦の日、なかなか先が見えません。
スポンサーサイト



新型コロナと猛暑の夏。体温以上の暑さに、比較的「涼」の気配のする住宅街の通行も疎ら。

DSC_4899_01 - コピー

新旧の住宅が混在する辺り、月遅れのお盆ともなると、墓参りの一行も含めてそこそこの通行量があるのですが。

DSC_4897_01.jpg

こうまで暑いと、冷菓を食べる気まで失せそうですが、仏前に供える菓子の需要もありこちらの店舗はそこそこの混雑のよう。

そのような最中にインドを結んでリモート会議。当地の新型コロナ禍の影響の推移の情報に気を取られて、現地の気温は聞きそびれました。
日本人が驚く「高温」も彼の地の感覚では一笑に付されるのか、古い古いギャグで言えば「インド人もびっくり」となるのか。

そびえる
猛暑の午後、夕立の気配。大気が不安定との予報で突風、竜巻も注意とのこと。雨はともかく、突風や竜巻となると「注意」にしようもなく、心構えとして「備える」しか無さそうです。

DSC_4878.jpg

最近できた高速のインター、高速道路の方は部分開通で本格的な供用は先のようです。新幹線まで跨ぐため、夏空にそびえるような構造に。先の東京五輪の突貫工事で、日本橋の上に「高架」を被せたようなものか。
この周囲には相当規模の商業施設も設置の計画。開発がもたらすものは繁栄か、それとも。
一時的には相当な集客があるだろうが、人口減少の時代に「採算性」を理由に将来撤退でもされたらその後は・・・、と識者の懸念。かくも「未来予想」は難しい。

いくらなんでも
高温に直射日光の露天の方が高品質ものが出来る場合があります。例えば畜産用の干草。
日本列島が驚くような暑さ、高原地帯で市街地のような照り返しがないと言っても、遮るものがない日照に下「干草」作り。草を刈り取り地面で天地を返して乾燥中。

DSC_4885_02.jpg

確かにこの作業には適した気象環境ではあるものの、それにしても作業をする人間については過酷な環境。遠目からはフォードと見た大型トラクター、キャビンのクーラー間では確認出来ませんでしたが。草の乾燥が進んだ後はロールして保管、確かに夏場にしかできない作業です。

DSC_4887.jpg

高原の向日葵も一連の猛暑で夏バテ気味。豪雨の次は猛暑、受難の夏です。

フォードの国では高齢の大統領候補が、副大統領候補にジャマイカとインドにルーツを持つ女性を指名。出生の日時を見ると先の東京五輪の開催中に生まれた様子。異常気象を嘆いている間にも時間は流れて行きます。
天気の神様
新型コロナの「コ」の字もなく、翌年はオリンピックと信じて疑わなかった昨年の今頃。話題は大ヒットのアニメ映画「天気の子」。
今年は新型コロナもさることながら、このところの天気にも悩まされます。体感的には昨秋の台風の連続襲来辺りからの影響が大か。

遅い遅い梅雨明けの後は猛暑、40℃近いとなると「尋常」な暑さではありません。「暑さ」で不要不急の外出自粛の呼びかけもあまり記憶がなく。

DSC_4872.jpg

梅雨の大雨があって、いわゆる梅雨明け10日の最中。梅雨明けが8月にずれ込んだせいで、明けてから間もないとは思ってもカレンダーで確認すれば立秋も過ぎて8月の中旬。6月の夏至からすると日の入りもずいぶん早くなっていました。

DSC_4866.jpg

遅れてきた夏を惜しむように、変則的ながら高校野球も始まりました。
月遅れのお盆に向けて墓地の清掃も最中の様子、異様な夏のなかのいつもの夏。実りの秋の頃の新型コロナの動向は。