FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

平成最後の月
平成最後の月になる本四月。
何とも忙しないようなな季節感。行く時代を惜しむ「季節の神様」の大サービスか。
雪あり桜あり、そして昨夜は満月。桜は「落果盛ん」で、「桜」に「月」と言うわけには行きませんでしたが、雲で見えないと思った満月も雲の取れた夜半にはくっきり見えました。
DSC_1292.jpg

地上では雪や寒さで、桜同様開花の遅れた桃と、このところの暖かさで一気に開花の進んだ梨の花が、咲き乱れる風景になりました。
DSC_1286.jpg

咲く花を見れば「地上の楽園」も、果樹園の働き手の「高齢化」も気になるところ。
スポンサーサイト
桃色に白
雪や強風があったこの4月も,半ばを過ぎて半ば気温も急上昇。文字通り桃色の桃畑と梨棚の白い花も咲き始めました。

DSC_1272.jpg
花が疎らに見えるのが、摘蕾の証。花が密集し一面ピンクに見える畑は、見た目は綺麗ですが果実栽培としては不適切、ここからの摘花そして摘果が大変です。

DSC_1275.jpg

梨の花は、もう少し咲き揃うと梨棚が「積雪」のように真っ白になります。そうすれば先を争うようにリンゴのこれまた白い花が咲きだします。果樹農家は花を愛でる暇もなく、作業に追われる日々に突入です。
通学路のチューリップ
桜が散ると桃が満開、春の雪の開花の遅れなど忘れたように、梨の白い花とリンゴの咲き出します。改めてカレンダーを見れば4月の後半、風が止むと初夏の体感温度です。
街路樹の「ハナミズキ」を先出し、通学路のチューリップも待ちわびていたように咲きそろいました。
DSC_1268.jpg
DSC_1260.jpg

そのような華やいだ空間でも、つい雑草を探してしまうのは「農学系」の習性か。チューリップの花壇の手前に「たんぽぽ」が一輪、こちらの黄色もなかなかきれいです。

DSC_1265.jpg


花が咲いたが
桜の散り際、うまく出来ているもので桃の花が咲きます。

DSC_1245.jpg

4月の声を聞いてから、2度の雪と冷たい雨。そしてこのところの風。それでもちゃんと咲いて来るのが「生命力」夏に来る、その生命力の「おすそわけ」が今から楽しいですが。昨夏の「おすそわけ」は、猛暑により小粒の出来でした、甘味は十分ありましたが。

DSC_1242.jpg

足元では季節の花も咲き出しました。また、いそがしい季節が始まります。
春のキジ
桃の開花をよそに、蕾が膨らんで、間もなく白い花を咲かすであろう梨園で生育を観察していると、地面を這うようにして姿を現したのが、キジの雄鶏。キジは色鮮やかな方が雄です。

DSC_1257.jpg

キジは日本の国鳥、かつては一万円札にも描かれていました。果樹園の人の目の届くところに現れたのは「新年号」のお祝いか。

DSC_1255.jpg

矢来の雨が上がり、青空に梨の蕾。晴天にはなりましたが風は強く、「桜吹雪」を演出しています。
明日は九段下のホテルで表彰式とレセプション、千鳥ヶ淵の桜が終わった後でその点は少々残念です。