FC2ブログ
 プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

移ろい
コロナ禍の大型連休も今年で2度目。コロナに関係なく季節も進みます、例年より少々と言うかずいぶん早目ですが。開花が例年より相当早かったため、凍害による被害も出たと言う果樹類。

前日の咲きかけから、花開いた牡丹。しかし牡丹も、花びらが落ちるのが早い花です。

DSC_5972.jpg



DSC_5974_202105060744559d7.jpg

連休に入る頃は、滝から落ちる水流のように咲き揃っていた山吹もいつしか疎らに。季節は梅雨、そして夏に動き出します。
連休明けで再始動も、新型コロナの感染状況は如何に。
スポンサーサイト



石楠花
新緑の中に赤い花、石楠花(シャクナゲ)でしょうか。調べると「野生状態でも変種が多く、園芸植物としても数多くの品種がある」と出てきました。

DSC_5978_01.jpg

ここはあまり深掘りをせずに「赤い花」が咲いていたと言うことで。

DSC_5973.jpg

牡丹も咲き出しました、艶やかな大輪になって行きます。

緊急事態宣言下の連休、解除は難しそうな現況。インドのベンガロールから連絡あり、「こちらはニューデリーほどの混乱はない」とのこと。程度い差はあれ、首都が深刻では国内は安定しません。


藤の花
フジ(藤)マメ科フジ属のつる性落葉生で、藤棚で「観賞用」「観光用」として馴染み。何年か前の江東区の亀戸で思わぬ人出に出くわし「何?」と思って聞くと、「この先の天神様で藤まつり」とのこと。天神様は「梅」だけではないと思って人混みを見ていました。

DSC_5967.jpg

観賞用に仕立てた藤棚とは違い、樹木に蒔きつく藤蔓。山林で生計を立てる「林業家」によっては逆に迷惑な植物ですが、若葉色の森林に藤色の花ははまた見応えもあります。

DSC_5969.jpg

蔓も伝統工芸で使用されると聞きますが、そのような職人も稀少。荒れる山林を一時彩る「藤」、新緑は日に日い濃さを増します。


雨が
今年の天候はカレンダーより10日は進んでいるようです。地球温暖化の影響か、温暖化とは関係ないにしろ何とも地震も多い年。ドウダンツツジの白い花、そこに降りかかる雨。

DSC_5961.jpg

郊外では早くも水を張った水田あり、水面には雨粒の波紋が広がります。

DSC_5959.jpg

ドウダンツツジが紅葉して、稲穂も刈り取られる頃はオリンピックはどうなっていたのか、中止または決行でしたでしょうか?ワクチン接種は終えているか、変異株の新顔は?そして医療体制と国内経済。読めない先をよむ今年のGW、予定の海外も渡航中止にステイホーム、時間はたくさんあります。

トレンド
今年の大型連休もステイホーム。観光地やアミューズメント業界の悲鳴が聞こえそうですが、「コロナ変異株」「ワクチン届かず」となれば致し方ありません。
ステイホームとなればトレンドは「家庭菜園」「DIY」とか、それらの商品をそろえたホームセンターは「逆に活況」かも知れません。

DSC_5955_01.jpg

庭先の茎立菜、黄色い花が可憐です。でも、ここまで育つと「おひたし」Iは少しえぐいか。

DSC_5953_01.jpg

花屋の店先いはポットで並ぶ花の小鉢。花壇植え替え用か、少し大ぶりの鉢で「観賞用」にか。マスク姿で花を選ぶ人々、コロナ禍で2度目のGWです。