プロフィール

幕田武広

Author:幕田武広
アグリSCMホームページ
http://www.em-orga.net/

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ブログ内検索

街はずれのラーメン店
とある田舎の、街はずれにラーメン店が開店しました。「幸楽苑」の店舗、「会津っぽ」の店名でも展開しているラーメンチェーン。

DSC_8095.jpg

チェーンの本部は郡山、創業の地は会津っぽの店名でも分かるように会津若松。別の意味でで高名な「喜多方ラーメン」の系譜ではありません。

これほど多店舗展開する前から、地元のローカルラジオ局でユニークなCMを流していたのでそれなりの知名度はありました。

震災以前、農産物の売り込みで東京の高級飲食を訪ね回っていた時に、地下鉄を降りて地上に出た時の目標にグーグルMapに麻布警察署にマークを入れ、探しているとその麻布警察署の真正面に幸楽苑「会津っぽ」の店舗。当時ラーメン280円の看板、こんな地価の高いところで安いラーメンを売ってペイするのかと心配になりました。
ラーメンで儲からなくとも、人通りがあってイメージの良い場所に看板があると、それなりに宣伝になるのでしょう。


スポンサーサイト
黄金の波
台風の去ったあと、田んぼ目をやれば随分と黄色くなっている稲穂を確認できます。

DSC_8094.jpg

台風の雨風で少し倒伏気味、ただしこの程度の倒伏なら稲刈りまで持ち直せます。生産農家が「[UFO]が降りた」と自嘲する、渦巻き型の倒伏もあります。そうなると今の時期であれば、収量はそう落ちないもののコメの品質低下が懸念されます。それよりも稲刈り作業の手間が増大してしまうのが渦巻き状の倒伏、これは今回は台風のせいと言うよりそもそもの肥料管理か。

DSC_8093.jpg

散歩の犬が前を通り抜ける水田にも、人知れない苦労がそれこそ渦巻いています。
フェーン現象
台風一過の生暖かい風、フェーン現象です。

DSC_8089.jpg

連休の3日目、大雨一転の思わぬ暑さに今年の盛夏時でもなかったような短パンTシャツで散歩の様子。

DSC_8091.jpg

ただ夏の気象とは違うのが、ただならぬ空の色。台風の名残をとどめて不気味に光る西の空。
九州・四国から近畿を経て日本海に抜けて北上した台風の、山越しに吹き下した風がもたらすフェーン現象、この山の向こうからの熱波なので通常の夏の暑さとは違います。

DSC_8090.jpg

ただ幸い、雨での増水もこの程度。手前の遊水地にも至りませんでした。しかし、局地的な雨で土砂崩れなどあるのが最近の台風の跡、軽微に済んだなどとは、まだ安堵できません。

台風一過
連休を直撃した台風も、当地は夜間に通過したようです。日曜日に通して報道されていた九州地方の水害の映像を見ながら、一昨年裏山から滝のように雨水が流れ、宅地が川のようになっていたことを思い出します。

DSC_8086.jpg

台風が通り過ぎた早朝の空、見上げれば台風一過の「秋晴れ」とは言えませんが、吹き返しの生ぬるい風と雲の切れ間から青空ものぞくようになりました。

このくらいの風なら収穫盛期の梨への影響も限定的かも知れません、被害速報が未だなので何とも言えませんが。もっとも風は局地な突風になることもあるので被害がなかったことを願うのみですが、ぶどうや中生のリンゴ、そして赤く色づき始めた主力リンゴの「ふじ」への影響も懸念されます。

DSC_8088.jpg

そのような朝でも、新聞は各紙ちゃんと届きます。降り積もる雪の時期よりは楽なのかもしれませんが、それにしても電子情報の飛びかう時代にしっかり根付いた情報伝達手段は、日本らしいテクノロジーなのかもしれません。
模様替え
東京から戻れば一気に秋が深まっていた・・・。などと言うことはなく、全国共通の話題はまたもミサイル。下から見上げれば金木犀もわずかにオレンジの花をつけ始めましたが「一面に香る」とまで行きません。
月半ばの連休を見計らったように「台風」の襲来、困ったことが続く年です。

周囲に秋の気配を探すと、近所の銀行のインフォメーションを変更中。
DSC_8083.jpg

夏用のディスプレイから秋仕様に変更の様子、駐車場からのぞき見れば、今年の秋テーマは「ハロウィン」のようです。、

DSC_8085.jpg

生垣に置かれた「飾り」は紅葉か、まだ青味が残る山の木々もハロウィンの頃には燃えるような赤になっています。